今日の試合には関係ないが、「静岡学園・松村が鹿島入り 常勝軍団でプロスタート」という記事が出ていた。

 静岡学園のU-18日本代表MF松村優太(3年)が来季、J1鹿島アントラーズに入団することが26日、分かった。清水エスパルスやジュビロ磐田、松本山雅FCなど複数のクラブから獲得オファーを受けていたが、このほど尚志(福島)の同日本代表FW染野唯月(3年)も加入するアジア王者入りを決断したという。DF伊東、MF名古らOBが活躍する常勝軍団で、プロキャリアの第1歩をスタートさせる。松村は170センチと小柄だが、スピードに乗ったドリブルが武器のアタッカー。一部クラブに練習参加するなど、悩んだ末に鹿島を選んだという。

 本当に「悩んで」くれたのかねえ(笑)。野心ある若者が鹿島、清水、磐田、松本から声をかけられたら、普通は鹿島一択だろう。増してや、現時点では、鹿島以外は来期J2の可能性が大なり小なりあるのだから。

 清水からしてみれば、有望なタレントの獲得を逃したということで、悔しくはあるが、清水では「小柄で俊敏なアタッカータイプ」は、すでに飽和状態なのではないだろうか。はっきり言って、個人的には、身長170cm以下の選手はこれから5年くらいとらないでほしいとすら思っている。身長180cm以上の人材を優先し、特に戦える守備系の選手に獲得の照準を合わせてほしい。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村