こちらの記事が、以下のような興味深い話を伝えている。

 “残留切り札”ドウグラスのトップ下新布陣テスト「いいイメージ」

 紅白戦2本目。篠田善之監督(48)が動いた。控え組は仮想湘南で3バックとし、主力組は181センチのテセ、184センチのドウグラスを縦関係にした。「ドグに前を向いてプレーさせたい。テセはターゲットができる」と説明。空中戦に強いテセに浮き球を競らせ、2列目から走り込んだ助っ人にセカンドボールを仕留めさせる青写真を描いた。

 きわめて耳寄りな情報である。ドウグラスの起用法の変更に加え、テセを新システムに組み込むとしたら、今季の我が軍にとってはかなりの新機軸だ。

 それと同時に思うのは、「ちょっと清水の情報、漏れすぎではないか?」ということ。所長の印象では、スポーツ新聞で、「清水、誰それを先発起用へ」というような記事が出ると、数日後の試合で、ほぼ確実に現実のものとなる。清水の場合は、移籍情報などはほとんど事前に表に出ないのに対し、メンバーや戦術は事前に報道で伝えられることが多い。

 もしかしたら、他のチームも似たようなものなのかもしれない。世間様から注目していただくためには、チーム情報を包み隠さず表に出した方がいいという面もあるだろう。

 しかし、現在の清水の境遇は、どんな手段を使ってでも、今季残留に必要な勝ち点をかき集めなければならないというものである。できればメンバーや戦術は当日明らかになるようにして、少しでも対戦相手を慌てさせてほしいと思うのだが。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村