名古屋戦のよもやま話を無理やり続けるシリーズ。

 1失点目、敵右SBの宮原に決められた場面。まあ、あれはGK大久保としては、どうしようもないかな。ゴール前に上がったルーズボールに対して、一歩早く反応していたら、宮原よりも先に触ってクリアできたような気もするが、あれでGKを責めるのは酷かもしれない。むしろ、潜入しようとする敵のSBに、西澤がついていくべきだったか。西澤は、試合を決めるようなゴールを決める一方で、守備対応はまだだいぶ甘い印象がある。

 しかし、1失点して引き締まったのか、それ以降のGK大久保のプレーは、見ていて安心感があった。特に、ハイクロスに対応した場面では、すべてキャッチやパンチングでしのぐことに成功していたと思う。以前も書いたが、現清水所属GKの中では大久保が最も長身であり、DFのクロス対応の難点が指摘される我が軍にとっては、GK大久保が長身を生かしパンチングではじいてくれると、非常に助かる。というわけで、今季の残り試合はずっとGK大久保で行くということも、充分考えられる。

 ただし、天皇杯の磐田戦で活躍した西部も調子を上げているらしく、正守護神の座を巡って競争が起きているという情報もある。固定するというよりも、その時点で一番調子の良い方が先発するという方針になるのかもしれない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村