名古屋の風間八宏監督が解任されたということである。まあ、清水目線で言わせてもらえば、風間監督がいるうちに名古屋に2つ勝っておいて、本当に良かったということだ。名古屋戦の直後にも申し上げたが、確かに名古屋はツボにはまった時の攻撃力には見上げたものがあるが、清水にとっては一番やりやすいタイプだ。名古屋は代わりに守備の鬼として知られるフィッカデンティ氏を監督に招聘するなどとも言われており、そうなったら清水が勝てたかは疑問だ。

 風間監督というと、「名将」というイメージがあるけど、Jでタイトルをとったわけでもないし、名古屋でも補強をしまくったわりにはまったく結果が出なかった。

 風間監督の哲学として、「ミスをしなければ、守備をする必要すらない」という考え方があるとされる。しかし、イニエスタ・クラスを11人揃えでもしない限り、ミスは必ず起こる。新体操だったら、5人のメンバーがノーミスで演技を終えることも、可能かもしれない。しかし、サッカーでは相手が邪魔をしてくるわけだし、予期せぬことが連続で起こるわけだから、ミスはどうしても起こるのである。ミスを前提にリスクをヘッジしながら戦うのが普通である。どうも、風間監督のやり方を見るていると、根本的な前提が間違っているのではないかと考えざるをえない。まあ、ただし、あの人も清水出身なわけだし、ああいう奇人変人監督がいなくなることには、一抹の寂しさも覚えるが。

 清水のサッカーは逆で、「どうせ自分たちはミスをする」という前提に立っている。パスを繋いで前線まで運ぶなんて無理だから、ドウグラス目がけて大きく蹴る。自陣ゴール前で下手に繋ごうとすると相手に奪われて大ピンチになるのがオチだから、とにかく大きくクリアする、というのが今のうちのサッカーだろう。

 風間監督のような「ミスをしない」という非現実的な前提も考え物だけど、今の清水みたいにリスクを恐れてまったくチャレンジしないというのも、どうかと思う。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村