川崎戦で、解説の戸田氏は、「ワントップのドウグラスは強く、かなりの確率でロングボールを収めてくれるから、その落としを拾って相手ゴールに迫る選手が必要」ということを強調していた。

 まあ、それは戸田氏が指摘するまでもなく、多くの清水サポが、そう感じているところだろう。逆に言うと、河井には、ワントップに次ぐセカンドストライカーとしての迫力は、あまり感じられないということでもある。

 河井はどちらかというと、全体のバランスをとった上で、人を使うタイプである。2トップのトップ下だったらピッタリだが、今の清水ではドウグラスが前線で孤軍奮闘している状態であり、それを第2のアタッカーとして手助けするというのは、河井には少々荷が重いかもしれない。

 そう考えると、ドウグラスと北川という組み合わせが、どれだけ最適だったということを、改めて思ってしまう。ドウグラスがパスしたり、あるいは落としたボールを拾って、直線的に相手ゴールに迫る力が、北川にはあった。翻って、北川の能力を最大限に活かしてくれる存在もまた、ドウグラスだった。今季、FC東京が躍進し、清水が低迷したため、「J最強2トップ」の称号は東京のオリベイラと永井に持っていかれてしまったが、ドグ&北川コンビにも、充分にその資格はあったはずである。

 とはいえ、いなくなった選手のことを、いつまでも言っていても始まらない。河井が今の位置で攻撃を活性化する術を見出すこと、またドゥトラがもっとフィットして北川に劣らないほどの活躍を見せてくれることを期待するしかないだろう。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村