アウェー川崎戦は、2:2ドロー。所長の戦前のプレビューというのはほとんど当たらないものだが、今回は割と良い線行ってたのではないか(笑)。つまり、敵に先制点を奪われても、支配されても、そこで変にバランスを崩して、かえって傷口を広げるのではなく、ブロック守備とカウンターを主体とする自分たちのゲームプランを貫いて、勝ち点1を掴み取った。いかに川崎が現時点で不調といっても、我が軍にとっては大の苦手の相手だし、ディフェンディングチャンピオンであることに間違いはない。その相手に、先制点を奪われながら、引き分けに持ち込んだというのは、大きな価値があると言っていいと思う。そりゃ、勝ち越した時には、所長も色めき立ったし、もしあのまま逃げ切れれば万々歳だったが、世の中そう甘くはないだろう。

 前節の大敗の反省を活かし、弱者であることを自覚して、その上で、今できることはすべてやり切った。その意味での、充実感、清々しさ(きよきよしさ by本田圭佑)はある。まあ、しかし、これはあくまでも、J1の末席にしがみついているだけのサッカーで、これ以上の発展性はない。今季は序盤で躓いて、大借金を背負っての戦いだから、内容云々の贅沢は言えない。今季、上手く残留に成功したら、オフを利用して、もうちょっと胸を張れるようなサッカーへの転身を図ってほしいものである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村