見たくもない札幌戦のDAZNダイジェストを観てみたが、凄い代物だった。普通、DAZNのダイジェストは、両チームの得点やチャンスシーンをなるべく平等に取り上げている。しかし、今回の清水VS札幌戦のダイジェストでは、清水の攻撃シーンは、最初のドウグラスのビッグチャンスだけ。あとはすべて、札幌の得点シーンだった。うちにも、ドゥトラのヘッドなど、シュートがなかったわけでもないのだが、何しろ得点シーンはすべて取り上げざるをえず、そうすると、その他のシーンは全部ボツということになってしまったのだろう。それにしても、とんでもない試合を演じてしまったものだ。

 さて、今季開幕に当たって、当S研では、2019シーズンに清水がリーグ優勝という身分不相応な目標を掲げさせてもらった。清水の下位低迷が明らかになった今となっては、無謀な目標を掲げたものだと、猛省している。しかし、今考えてみても、今季は清水が優勝するためには大チャンスの年だったと言っていいと思う。

 何しろ、別次元の強さと思われた川崎が、一向に伸びてこない。鹿島は出遅れ、浦和やガンバは低迷。名古屋や神戸はコスパ悪すぎ。そして、現在首位を走っている東京にしたって、確かに安定した良い戦いはしているが、「到底かなわない」と思わせるような絶対的な強さはない。清水さえしっかりしていれば、優勝争いに加われたのではないか。そう思えてならないのである。

 そんなわけで、本日の対戦相手の川崎なのだが、最近は怪我人も出て、まったく調子は上がっていない。今季の川崎は引き分け病に苦しんでいるらしく、前節も仙台に乗り込んで2:2ドロー。もっとも、川崎はレギュラーセンターバック2人が出場停止で、2失点も明らかにその影響があったはずなので、本来の守備力が弱いというわけではない。

 ただ、いくら調子が悪くても、我々は川崎に抜きがたい苦手意識がある。あのチームの攻撃をどうやって抑え、どうやって点をとり、どうやって勝ち点を奪えばいいのか、まったく想像がつかないというのが、所長の本音である。

 とにかく避けなければならないのは、前節の大量失点の再現である。もちろん、相手に先制点を奪われることもあるだろう。しかし、札幌戦のように、そこで捨て身で攻めに出たりすると、前節の愚行の繰り返しとなり、敵に着々と追加点を奪われ、追い付く確率がますますゼロに近付いていく。

 サッカーではよく、「前半をスコアレスで折り返したら、プラン通り」などと言ったする。清水が川崎とやる時は、前半スコアレスなら望外であり、仮に1失点でも、もっと言えば2失点くらいしても、プラン通りと受け止めていいのではないか。そこで変に戦い方を変えたりせず、それ以上の失点を防いで、粘り強く反撃の機会を伺った方がいいのではないか。負け犬じみて恐縮だが、そんな気がする。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村