天皇杯で福岡に遠征したチームが無事帰ってこられるかと、だいぶ気を揉んだが、試合翌日、15日の昼頃には静岡空港に無事到着したようで、安堵した。これで、土曜日のリーグ戦への影響は、最小限で済むだろう。篠田監督は持ってる人だなと、改めて感じた。

 しかし、帰静しなかった選手が一人いた。高橋大悟が北九州へ育成型期限付き移籍することになり、静岡行きの飛行機に乗り込むことなく、そのままギラヴァンツに合流したようである。

 どうも、大悟の北九州行きは、何日か前から決まっていたようである。なので、福岡に遠征に出かける前に、本人は荷物整理とか発送とか、済ませていたのだろう。

 今回の大悟のギラヴァンツ移籍、所長としてはポジティブに捉えている。清水にいたら、おそらく、今シーズンの公式戦の出番はもうなかっただろう。他方、大悟と同年代の若者の一部は、もう欧州に渡ったりもしている。来年の五輪という夢もあるだろうし、このまま清水のBチームでくすぶっているよりは、出場機会を得やすいチームに移るのはアリだろう。

 高校時代には全国に名を馳せた大悟なので、できればJ2くらいから声がかかると、もっと良かったのだが。それでも、北九州で、お互いを知るコバさんに指導され、しかもJ2昇格というミッションも託されているので、やり甲斐はあるだろう。一回りも二回りも成長して帰ってきてほしいものだ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村