松本戦の振り返りを続けると、攻撃力の低い松本とはいえ、キックオフ直後にコーナーキックを奪われ、コーナーが延々と続いたのにはマイッた。松本のコーナーは前半5本だったそうだが、そのほとんどが開始数分の出来事だったのではないか。

 たぶん、反町氏率いる松本というチームは、流れの中で崩す練習とかよりも、「コーナーキックをとる練習」の方を沢山やっているのではないだろうか? 冗談半分だが、半ば本気で、そのように疑ってしまう。

 この試合、セットプレーも流れも含め、清水ゴール前を脅かされるシーンは数多くあったが、本当に危険だった場面は、少なかった。現に、スタッツを見ると、松本のシュートは前後半1本づつで、わずか2本に終わっている。まあ、そこが松本が苦しんでいる部分なのだろう。


 清水のシュートも前半3本、後半4本で、決して褒められたものではなかった。しかし、清水には、「無から有を生む男」、ドウグラスがいるのである。皆で頑張って掴み取った松本戦の初勝利だったとはいえ、勝敗を分けたのが、決定力のあるフォワードがいるか、いないかだったことは、否定できない。試合の最後の方で、西部の苦し紛れのクリアを、ドウグラスが決定機に変えてしまったのも、凄かった。

 今季は得点王争いが大混戦となっており、ドウグラスにもチャンスはあると思う。開幕後、数試合欠場したのに、復帰後の得点ペースはかなり速い。本人は常に、自分の得点よりもチームの勝利をと語っているが、であるならば、チームとしてはそのお礼に、ドウグラスに得点王をとらせてあげたいものである。何度も言うように、清水から得点王が生まれたことはこれまでなく、実は得点ランキングでベスト3に入った選手もいないのである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村