さあ、位置付けやら相性やら天候やら、色んなものが微妙な鳥栖戦が目前に迫ってきた。

 まず、大前提として認識しておかなければならないのは、清水が前監督と現監督で様変わりしたのと同じように、鳥栖も監督交代でまったく違うチームになったということである。現在の順位こそ最下位だが、新しい金監督の戦績だけ見れば、リーグの中で中位くらいの力は発揮している。また、今の鳥栖のチームコンセプトは清水のそれと結構似ているように思え、全員で粘り強く守った上で、相手の弱点や一瞬の隙を突いて攻撃をしかけるといったやり方だと思う。違うのは、先方にはうちのドウグラスのような絶対的な点取り屋がいないという点か。

 我々として読みにくいのが、トーレスが起用されるのか?という点。引退を表明してから初めてのホームゲームであり、ファンの期待が高いのと、一時期負っていた故障から回復しつつあるということなので、先発起用か?といった見方も一部にある。はっきり言って、我々としては先発で出てきてくれた方がありがたいが、金監督は真面目な人なので、いくらトーレスがスーパースターでも、残留がかかった大事な試合を、彼の想い出作りのために使うということはなさそうな気がする。せいぜい、上手く2点くらいリードしたら、最後の方に顔見世程度で出してみようか、というくらいではないか。

 鳥栖は怪我人が多く、フィジカルお化けのイバルボは前節出場したけどキレ無し、ファンタジスタのクエンカは今節はまだ出場が難しいのではなかろうか。しばらく前に見たクエンカのプレーはさすがのクオリティだったので、彼のいる・いないは非常に大きな要因だと思う。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村