最新のエスパルス・ニュースの中で、滝が以下のように述べていたのは、さもありなんという話で、面白かった。

 篠田監督は本当に凄い。試合は、監督が試合前に話していた通りになる。相手のすべてを知り尽している。

 それにしても、今季序盤でつまずいて、五里霧中だった我が軍にとっては、救世主が身近にいたわけであり、実に有難い話だ。

 ただし、篠田エスパルスはここまでは望外な勝ち点を積み上げているものの、これからも何もかもが上手く行くなんてことはありえない。特に、次の対戦相手の鳥栖は、ある意味で非常に難しい相手だろう。

 相手を研究し尽くして、ゲームプランを練り、敵の隙を突いて勝機を見出そうとする篠田エスパルス。そういう特質からすると、相手が攻撃的で、特徴的なクセのあるチームの方が、我が軍にとっては戦いやすいとも言える。相手の力を利用して倒す合気道のようなサッカーなので、実は横浜、名古屋といったイケイケの攻撃的チーム相手にはやりやすい面があったのだと思う。逆に、松本みたいな攻撃の圧の低い相手には、だいぶ苦戦した。

 清水は伝統的に、最下位で苦しんでいるチームとかに、救いの手を差し伸べてしまう傾向がある。まあ、そういうジンクス的な話を別にしても、金監督の鳥栖というのはオーソドックスで慎重な戦い方をしてくるチームであり、合気道的な観点から言うと、やりにくさがあるように思うのである。かといって清水の側から主導権を握って攻め倒す力があるとは思えないし。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村