いつもS研ブログをご覧いただいて、ありがとうございます。お知らせですが、当S研ではこのほど、独自ドメインを取得しました。新ドメインは、

http://www.skenvictory.com

 独自ドメインをとったということは、これまで以上に力を入れていきたいという決意の表れ(?)ですので、今後ともどうぞよろしくお願いします。一応、旧ドメインから新ドメインに転送される設定にはなっていますが、そのうち転送設定も消えてしまうかもしれないので、ブックマーク、スマホ・ホーム画面設定などいただいている方は、今のうちに新ドメインに設定し直していただけると幸いです。

shino

 さて、毎回恒例の監督別勝敗表(ちょっと書式を変えた)。それにしても、篠田監督に代わってからのV字回復振りには、目を見張るものがある。ただ、ヨンソン・篠田時代を通じ、今季の清水のリーグ戦の5勝は、すべて1点差勝利なので、なかなか得失点のマイナスが減らない(涙)。このペースじゃ、例の2失点、3失点、4失点の「ホップステップジャンプ3連敗」で膨らんだマイナスを黒字転換することは、夢のまた夢か。

 ただ、現在のJ1の順位表を見ると、清水の34失点はリーグ最悪であるものの、得失点差のマイナス12は鳥栖のマイナス15に次ぐワースト2位になっている。清水は鳥栖の3倍近く得点をとっているので、それでかろうじて収支では上回っている形だ。

 まあ、いずれにしたって、今の清水の失点ペースは年間70失点くらいになっている。最終的には、得失点はもちろん、失点数も、何とかワーストを免れたいものである。ちなみに、過去10年のJ1で失点が最も多かったチームの結果を整理すると、以下のようになる。ご覧のとおり、最多失点のチームがビリになることが圧倒的に多いのだ。

2018年の最多失点:59 長崎18位、名古屋15位
2017年の最多失点:60 大宮18位、新潟17位
2016年の最多失点:66 福岡18位
2015年の最多失点:65 清水17位
2014年の最多失点:74 徳島18位
2013年の最多失点:67 大分18位
2012年の最多失点:88 札幌18位
2011年の最多失点:75 福岡17位
2010年の最多失点:82 湘南18位
2009年の最多失点:60 磐田11位

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村