当S研では先日、

 劇的勝利自体は大いに結構だが、いずれも紙一重だったし、こんなドラマチックな勝ち方がそう何度も訪れるものではない。もっと安定した戦い方をしなければ、勝ち点を積み上げられないことは確実である。

 なんて書いたものだった。ところが、前節に続き、今回のアウェー名古屋戦も劇的な勝利。ミラクル篠田エスパルスというイメージが、すっかり確立された感すらある。こちとら、嬉し涙は前節の勝利でもう枯れ果てているのである。そこへ持ってきて、今節もまた同じ若者が劇的な決勝点を奪うとは、一体どういう拷問なんだよと、嬉しい悲鳴を上げたくなる。

 しかし、冷静に考えれば、劇的な勝利にはそれなりの必然性があるものだと思う。当S研では戦前のプレビューで、「相手の分析・対策をする篠田監督と、相手などまったく眼中になくひたすら自分たちを磨き上げようとする風間監督」というコントラストを描いていたが、その差が勝敗を分けたと言っていいのではないか。

 清水の2得点は、いずれも、右サイドへのスルーパスで相手を崩した形だ。おそらく、名古屋があそこが弱いということは事前のスカウティングで掴んでいて、勝負どころでそこを狙う意識付けと練習を積んで試合に臨んだのではないだろうか。でなければ、スルーパスの出し手、受け手、そして中に詰める選手と、あれだけ上手く噛み合うはずはない。篠田監督が試合後のインタビューで「練習してきた形が出た」と発言していたのも、これまでこのチームになかった部分だったので、とても嬉しく感じた。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村