名古屋戦の予習という意味で、リーグ戦前節の大分VS名古屋戦、そしてルヴァンの名古屋VS仙台戦をチェックしてみた。ただ、せっかくルヴァンも観たのに、ターンオーバーで、あまり参考にはならなかったが。

 名古屋は、一時期FWジョーが離脱し、その間に勝ち点が伸び悩んだようである。しかし、ジョーが復帰してチームも復調したのか、大分戦では、90分間ほぼずっと敵陣でハーフコートゲームをやっているような感じだった(それでも隙を突かれて失点し1:1ドロー)。見た感じ、ジョーへの依存度が高く、彼にクロスボールやクサビを入れて味方に落として攻撃を組み立てるのが基本になっているような印象だ。ただ、ジョー自身のキレはまだ戻っておらず、やつが振り向いてそのままシュートといった雰囲気はなかった。密着マークさえ怠らなければ、ジョーの脅威はある程度限定できるかもという気がするが、何しろ清水のDFは敵FWを見失いがちなので、心配である。

 以前からの風間監督のチームの特徴として、クロスを入れるにしても、清水のようにアーリーとかサイドライン際から遠目のクロスを入れるのではなく、ペナ近くまでえぐった上で至近距離のクロスを入れるというのが目立つ。バイタル付近でボールを保持している時に、追い越して走り込んでくる選手がいるので、それを見失わないようにしたい。そういう状況ではDFは中に絞っているから、ボランチやサイドハーフが付いて行くんだろうな。どうしても、名古屋に押し込まれて、シュートを打たれる場面は出てくるだろう。シュートブロックがいつもの試合にも増して重要になってくる気がする。

 名古屋は敵陣に押し込んでいることが多いので、カウンターを受けるとやや脆い面もありそうだ。確かにタレントの揃った怖いチームだが、清水との戦術的な相性は悪くはないかもしれない。風間監督のサッカーというのは、「精度」を極限まで極めるというのが特徴で、横浜のようにシステムとか戦術が特殊というわけではないだろう。対応する清水の側の粘り強さが肝心である。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村