今季、清水はリーグ戦で4勝しているが、内訳はホームで3勝、アウェーで1勝。ただ、唯一のアウェー勝利はエコパなので、今季のリーグ戦はまだ静岡県内でしか勝っていない(苦笑)。実はルヴァンの2勝も2つとも県内である(両方ジュビロ相手なので)。

 それで、リーグ戦における3つのホーム勝利を思い起こしてみると、いずれも試合終盤に決勝点が入る劇的勝利だった。セレッソ戦の北川の「ありえない角度弾」、仙台戦のドウグラスの「完全復活弾」、そして横浜戦の西澤の「待たせてSorry弾」と続いた。

 劇的勝利自体は大いに結構だが、いずれも紙一重だったし、こんなドラマチックな勝ち方がそう何度も訪れるものではない。もっと安定した戦い方をしなければ、勝ち点を積み上げられないことは確実である。

 金子はDAZNのコメントで「仙台戦がベストゲーム」と述べていたが、試合展開という観点から言えば、むしろアウェー磐田戦の方が理想だろう。ある程度安定した守備から入って、一瞬の隙を突いて先制し、追加点も奪えた。言いたかないが、鹿島っぽい試合運びである。まあ、上手く時間を使ってそのまま2:0で逃げ切れたら、もっと鹿島っぽかったのだが、そこはこれから学んでいくほかない。

 今はどんな勝ち点でもウェルカムとして、いずれは2:0とかで勝つ試合も見せてほしい。そうなれば、篠田エスパルスも本物ではないかと思うのである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村