「J最強のサイドバック」との呼び声も高かったエウシーニョを、大枚をはたき、争奪戦に勝利して獲得したまではよかったが、今のところまったくフィットしていない。確かに、神戸戦でのトリッキーなアシストでテセの同点ゴールを呼び込んだり、セレッソ戦の飛び出しで北川のミラクルゴールを演出したり、仙台戦で貴重な得点を挙げたりと、彼のお陰でとれた勝ち点があったことは事実である。その反面、エウシーニョの守備の軽さから手痛い失点を喫した場面も同じくらいに多く、プラスとマイナスの収支がどうなっているかは微妙なところである。

 まあ、多少守備に難があっても、攻撃面での貢献度が高ければ、目をつむらないでもないが、逆に、エウシーニョのプレーが攻撃の勢いにブレーキをかけてしまう場面が目立つ。今季の序盤こそ、チームのコンセプトとして、ポゼションを高める、中で崩すという狙いがあったので、まだしもエウシーニョのプレーは活きた。しかし、篠田監督になり、堅守・速攻に重点が置かれ、外からのクロスをドウグラスに集めるという方向に転換してからは、エウシーニョが持ちすぎたり、中へのカットインを多用しすぎたりして、彼のところでノッキングを起す場面が目立っている。松本戦を思い返してみても、エウシーニョが普通のサイドバックらしく「えぐってクロス」という選択をした場面は思い出せず、全部中に持ち込んで、まったくフィニッシュに繋がっていなかった印象が強い。

 昨シーズン、あれだけ輝いた金子が、今季くすぶっているのも、エウシーニョとの食い合わせの悪さによるものだろう。

 はっきり言って、今の堅守・速攻・サイドからのクロスという戦術であれば、エウシーニョよりも立田の方がマシであろう。立田の側から見ても、CB志向の立田には気の毒だが、今のところ立田の特性からしても、右SBが一番合っている気がする。しかし、立田が近くコパでチームを離れることは言うまでもなく、当面は立田SBのオプションは使えない。

 それにしても、周りが上手ければもっと生きるはずのエウシーニョなだけに、今のところ彼のポテンシャルの3分の1くらいしか出せてないような気がして、非常に歯がゆい。おそらくエウシーニョはドウグラスと並んで清水の最高給取りだと思うので、その駒を最大限に活用しなければ、もったいないような気がするし。しかし、もし仮にエウシーニョをスタメンから外すことが勝つための最善手であるならば、篠田監督には勇気をもって決断してほしい。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村