アウェー神戸戦は1:1ドロー。清水の守備は、過去3試合が嘘のように安定し、暗闇の中で一筋の光が差したような試合になった。

 タレント豊富な神戸に対し、アウェーで引き分けなら、普通に考えれば悪くない。もしこれが、開幕戦だったら、万々歳だった。しかし、すでに第4節であり、借金をしょい込んだ状態であることを考えれば、あの前半の内容なら、できれば勝ち点3が欲しかった。第4節にして、「ようやくスタートラインに立った」といった感じだが、すでに失った時間とゲームが、あまりに重い。

 清水が神戸戦で崩れなかったのは、半分は自分たちの改善によるもので、残りの半分は神戸との相性の問題だった。当S研の事前の見立てのとおり、神戸は清水の弱点を突いてくるようなことはほとんどなく、「なんちゃってバルサ」に興じているだけだった。特に、清水は自分たちのビルドアップの際に前から圧力をかけられると、ほとんど繋げなくなるのだが、神戸は清水ボールになると、とっとと帰陣してくれるので、清水はディフェンスからボランチくらいまでにかけて、いつになく自由にボールを持ち運ぶことができた。逆に、神戸のビルドアップは、後方から悠長に繋ごうとするので、清水のハイプレス・ショートカウンター戦術がはまりやすかった。

 というわけで、そこそこ上手く行った神戸戦だったが、神戸相手だからこそという側面が強く、まだ信用はできない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村