ルヴァン磐田戦の成果として、変な言い方になるが、ヴァンデルソンが使えない目途が立ったというか、そのあたりが再確認できたという点があったと思う。いや、もちろん、これから日本のサッカーや清水のチームに慣れて、真価を発揮してほしいと願ってはいるが、このままでは厳しいなという感じが強まっている。

 それにしても、フレイレを手放したのは、大失敗だった。機動力のある敵FWにちぎられがちとか、試合中に熱くなりすぎるとか、欠点も指摘はされていたが、フレイレがいてくれたら、計算が立ったことは間違いない。守備力は及第点だし、左右両足使えるパスも悪くなく、ロングボールやロングフリーキックも任せられた。チーム愛が強く、イケメンというおまけまで付いていた。本人は清水で続けたいという思いがあったはずなのに、なぜクラブの側が不要という判断をしたのか、理解に苦しむ。他方、確かGMによれば、他の選手をチェックしにブラジルに行ったら、思いがけず1部のCB(ヴァン君)をとれるという話になったので、「プレーも見ないで決めた」とか言ってなかったっけ? 気が早いようだが、今季の結果として、フレイレ→ヴァン君が失敗に終わったとしたら、編成、GMの責任は重いと言わざるをえない。

 ヴァン君の問題として、中央からサイドに持ち出して、そこで敵2人くらいに詰められて孤立し、苦し紛れのパスを出してミスになり、ピンチを招くという点がある(早くも他チームにバレているので、磐田もそこを狙って来ていた)。本人のセンスの無さも感じるが、その部分は本来チームとしてスムーズなビルドアップの決め事が整備されていれば、露呈しないはずであり、端的に言えば監督の責任だ。今季のヨンソン監督は、失点の責任を選手個々のミスに矮小化しようとする発言が目立つが、ミスが多発することには必然的な原因があるはずであり、ヴァン君孤立問題に象徴されるチームとしての機能不全、それを直視して早急に手を打たない限り、清水は確実に降格、いやぶっちぎりの最下位に終わるだろう。

 まあ、ただ、ヴァン君はリーグ戦のレギュラーCBとして起用されることは、当面なさそうだね。ソッコ・立田の2CBで4バックが基本形になるのか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村