ルヴァンカップのアウェー松本戦、リーグ戦から全員先発を入れ替えた松本に対し、完敗を喫した。昨日の当S研のプレビューでは、清水がボールを持って松本が堅守速攻、みたいな構図で捉えていたが、とんでもない。ポゼションやビルドアップができていたのは先方であり、2:1というスコア以上の完敗だった。

 前半のスカスカな守備が問題なのは誰が見ても明らかだが、一見攻めに転じたように見える後半も問題山積だった。力任せにある程度押し込んだものの、ボールは相手の守備ブロックの外で回しているだけであり、どのようにフィニッシュにもっていくかというイメージがまったく共有できていない。ヘナトのラッキーパンチで一時同点に追い付きはしたものの、あとはほとんど敵守備陣に脅威を与えられず、打開しようとちょっと無理なプレーをするとボールを奪われてカウンターを浴びるという形勢が続くばかりだった。

 確かにうちは1.5軍くらいだったが、松本さんの二軍に攻守で圧倒されたという現実は重い。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村