昨シーズンの清水は、シーズン終盤にかけてチーム力が高まっていったが、好調だった秋から冬にかけて、カップ戦ですでに敗退済みだったのは、返す返すも残念だった。あの状態でカップ戦の準決勝、決勝とか戦ったら、タイトルをとれる可能性は十分にあっただろう。

 一昨年の小林体制のルヴァンカップは、なかなか悲惨だった。まあ、リーグ戦を優先せざるをえないチーム事情ゆえに、グループリーグで敗退したこと自体はやむをえない気もするものの、問題は、ルヴァンの淀んだ空気が、リーグ戦にも伝染してしまい、チーム全体のバイオリズムが低下してしまったことである。

 昨年のヨンソン体制1年目のルヴァンカップは、それなりに期待感の持てる戦いを見せてくれた。しかし、J2の甲府に勝てなかったことが響き、決勝トーナメント進出を逃すことに。後日、天皇杯でも甲府に敗れたことを考えれば、甲府相手にきちんと勝てなかったことが、年後半の楽しみを奪った格好になってしまった。今年も、清水の調子がしり上がりに良くなっていくはずだ、と信じるならば、ぜひカップ戦タイトル争いの楽しみを残しておきたい。

 甲府は伝統的に堅守速攻のチームであり、J2では自分たちがボールを握らざるをえないので、それで苦労されているようだが、J1の清水相手にはお得意の堅守速攻がハマる。逆に、清水は自分たちが主導権を握って勝つということができていないチームであり、カテゴリーの違いがあっても、甲府との相性は良くないのだろう。

 同じことは、清水の対松本の対戦にも当てはまる。というわけで、今年のルヴァンでグループステージを突破するカギは、松本相手に勝てるかどうかということにかかってくるだろう。ていうか、まず1点とろうや。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村