サッカーのブログに政治のことを書くのを嫌がる人もいるけれど、静岡市長選の行方は、ホームタウンの在り方、とりわけ新スタジアムの展望に深く関係してくるわけで、当S研として無関心ではいられない。

 現職の田辺信宏市長の対抗馬として最有力と目されていた静岡県の難波喬司副知事が出馬を見送ったことで、市長選は完全に無風と化しているようだ。難波副知事が出馬を断念した経緯と背景について、こちらの記事がその内幕を伝えている。

 田辺市長は、以前、清水駅前の新スタ建設に前向きな姿勢を示したことがあったが、あれはどう考えても、火力発電所と抱き合わせにして市民に発電所を納得させる手段にすぎなかった。残念ながら、田辺現市長が清水というクラブのことを真剣に考えて新スタを推進しようとしている様子は見て取れない。4月7日の選挙で、田辺市長が無風の再選を果たせば、新スタ問題はさらにあと4年間、一歩も前進しないことになるのだろうか。せめて、田辺氏に働きかけて、公約に新スタ建設推進を加えさせるようにはできないものだろうか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。