しっかし、立田って、格好良くなる一方だよな。清水だけじゃなく、Jリーグ全体でも、あんな男前、いないんじゃないの?

 それで、最近の清水の良い傾向として、北川が代表に選出されたお陰で、選手たちの意識が高くなったということが挙げられるだろう。当の北川も、2019年は前半戦のうちに2桁ゴール奪ってコパに出ると宣言しているし、それに刺激されたかのように、周りの若手も野心を高めている。

 そのことはとても素晴らしいのだが、個人的には、ちょっと危うさも感じる。「代表へ、海外へ」という野心は大いに結構だけれど、野心だけが先に立って、空回りするようなことはあってほしくない。各プレーヤーは、それぞれの課題を抱えており、それらを一つ一つクリアしていくことでしか、目標には近付けないはずだ。

 なんで、こんな話をしているかというと、今、清水で最も野心をたぎらせている一人に、立田がいると思う。しかし、所長の見るところ、彼にはまだまだ改善すべき点が多く、「代表へ、海外へ」と焦るよりも、まずは自分の課題に真摯に向き合ってほしいと思うわけである。

 その一つの課題として、所長が気になっているのは、立田がヘディングをかぶるケースが時々あることである。長身で、本来はヘディングでのクリアを最大の武器にしなければいけないのに、時々失敗する。昨シーズンで言えば、ホーム横浜戦で、失点に繋がる山中の突破を許したのは、立田がロングボールの距離感を誤ったことが発端だった。そして、先日の磐田とのトレーニングマッチで、先方のロドリゲスにヘディングのゴールを許したのも、立田がハイボールの目測を誤ってクリアしそこねたことが原因だった。

 立田は、空間認識能力が、やや劣っているのではないか。仮にそうだとすると、いくら長身でも、安定した守備はできない。空間認識能力というのは、トレーニングによって改善することもできるらしいので、そのあたりの取組が必要ではないかと愚考する。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村