親愛なる清水エスパルス・サポーターの皆さん、明けましておめでとうございます。

 当S研の設定する2019シーズンの目標を発表させていただきます。今年の目標は、リーグ優勝です。

 いや、所長にしても優勝できる可能性が大きいとか思っているわけではありません。むしろ、派手にコケたら、また残留争いを強いられてもおかしくないくらい、清水の力はまだまだだと思っています。にもかかわらず、あえて優勝を目標に掲げるのは、「逆に言うと、今年優勝を目指さなかったら、いつ目指すの?」と思うからです。

 清水史上最強助っ人にして、2019年のJ1最有力得点王候補であるドウグラス。ユースの最高傑作から、代表にまで登り詰めた北川航也。この2人の形成する2トップがJ屈指であることは、すでに証明済みです。そこに、J最高峰の右サイドバックの呼び声高いエウシーニョが加わり、優良助っ人のソッコやいぶし銀のテセと合わせ、これだけ強力な外国人助っ人が勢揃いしたことは、クラブ史上なかったはずです。10番流出はあったものの、生え抜きを中心に日本人プレーヤーも油が乗ってきています。これだけ戦力が充実することは、そうそうないはず。北川が海外に渡る前に、またドウグラスやエウシーニョといったプレーヤーのパフォーマンスが高いうちに、ここ1~2年のうちにぜひともリーグ優勝したいと、そう思うわけです。

 イメージは、昨年の広島ですかね。シンプルだけど、効率の高いサッカーで、一時首位を独走しました。後半の大崩れを防げば、最後まで優勝を争ったはず。それと、はっきり言って、かなりの運が必要ですね。具体的に言えば、川崎をはじめとする優勝候補が何らかの原因でつまづいてくれることが条件でしょう。

 繰り返しになりますが、可能性が高いかと言われれば、正直高くはないかもしれません。でも、ここはひとつ、2010年代最後の、新元号最初の、王者を目指してみようじゃありませんか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村