Jユースカップ決勝に臨んだ清水ユースは、マリノスに屈し、惜しくも準優勝。残念でした。

 正直言うと、個人的に育成年代に興味はあるものの、日頃それに接する機会はなく、今大会も準決勝、決勝しか観れなかったので、選手の顔と名前と背番号が一致する前に終わってしまった形だ。清水ユースに関しては、全体として、粒ぞろいの好チームであり、特にディフェンスラインは堅固だという印象は残った。ただし、トップ内定のGK君が怪我で出られなかったり、10番君もコンディション不良だったりで、今回のチームの中では、今すぐプロで通用しそうな突出した個の力みたいなものは見出せなかったことも事実である。まあ、実際、今回戦った選手たちの中で、来季から清水のトップチームに加わる若者はいないわけだしねえ。

 マリノスとの決勝、緊張感みなぎる良い試合だったと思う。お互いに、4-4-2のオーソドックスなサッカー。ただ、基礎的な技術、サッカーIQ、そしてチーム戦術など、ちょっとずつ先方の方が上だったことは、認めなければならないだろう。とくに、スピードのあるサイドハーフに展開してからの攻めの形は、マリノスの大きな武器となっており、清水の方にはそこまで明確な攻めの形はなかったという違いを感じた。清水にも可能性はあったが、全体としてマリノスが優勝に値する試合を見せたことは事実であろう。

 すぐにプロ入りするような選手がいるのかどうかは未確認だが、清水側も、マリノス側も、若者たちのこれからのサッカー人生に幸多かれと願いたい。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村