まあね、たまにはこんな良い思いもさせてもらわないと、サポーターもやってらんないよね(笑)。ホーム磐田戦、個人的にも、スタジアム観戦した歴史の中で、一番スカッとした勝ち方だったと思う。

 チーム全体のオーガナイズがものすごく良かったかと言うと、必ずしもそういうわけでもなかった。相変わらず、ボール保持やビルドアップには課題を抱えている。しかし、この日は、攻撃陣、とりわけ2トップが、訪れたチャンスをものすごい精度で得点に繋げたからこそ、快勝がもたらされたのだろう。

 ドウグラスが加入した時期と、北川が一時不振に陥った時期は、重なっていた。ドウグラスのパフォーマンスが異次元だったので、当初はチーム全体が「攻撃はドウグラスにお任せ」という雰囲気になり、自ずとボールも彼に集まり、それまで積み上げてきたバランスが崩れ、北川は居場所を見失いかけたのだろう。それが、ようやく2トップが上手く絡み合うようになってきた。今回の磐田戦の最初の3点は、2人の直接的な関係性によってもたらされた。所長も、鐘庵さんの2トップ丼を食った甲斐があったというものである。

 贔屓目なしに、今のドウグラスと北川の組み合わせは、J最強の2トップと言い切っていいだろう。まあ、1トップのチームが多いからという事情はあるが(笑)、ともあれ、強力な点取り屋コンビが誕生した。

 それにしても、この試合で、ドウグラスのプレー振りに、何度「神・・・」とつぶやいたことか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村