攻守にまったく精彩を欠く先方の調子と、前半の内容から見れば、3:0、4:0くらいで勝たなければいけない試合だったが、残念ながら、それが3:2になってしまうのが、今の清水クオリティ。「3点くらいとらないと、勝てないだろうな」とは思っていたが、まさにそんな試合。いかにも今季の清水らしい、ドタバタした勝ち方だった。

 ただ、いつもとちょっと違ったのは、得点をとったのがFWではなくMFだったことである。逆に言うと、怪我上がりのクリスはあんなものかという気もするが、北川のプレーに判断ミスが多いのが気になる。思い切ったミドルシュートもあったので、DAZNの実況・解説は北川を称賛していたが、所長などはむしろ、北川がゴール前で本来の冴えを見せてくれたら、もっと楽勝できた試合だったと思う。精神的な迷いなので、1点とれれば、ケチャップドバドバだとは思うが。。。

 とか何とか、苦言も呈しつつも、やはりこの勝ち点3は相当デカい。ここまでの後半戦は、同じ相手に前半戦と違う結果が出ることが多かったが(例外は川崎相手に2度負けたこと)、柏相手にはホームでもアウェーでも勝ってダブルを達成した。次節は、ガンバ相手にやはりシーズン・ダブルを狙う試合になるので、そういう意味でも弾みがつくのではないか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村