ホーム川崎戦、ご覧のとおりの完敗。川崎の最近の試合を観て、「清水は少なくとも1点、まあたぶん2点くらいはとられるだろう。ということは、おそらく、複数得点しないと、勝ち点はとれないだろうな」とは思っていた。残念ながら、ドウグラスが負傷退場した時点で、清水が複数得点できる可能性は、ぐっと下がってしまった。

 ドウグラスの人並み外れた決定力により、先制こそできたものの、試合内容から考えても、勝ち目のあった試合とは、とても思えない。10回やったら、1勝・1分・8敗くらいになるのではないかと思われた。

 しかし、誤解を恐れず言えば、この敗戦に限っては、引きずる必要はないのではないか。川崎のサッカーは特殊であり、川崎のようなサッカーをやるチームはJ1全体を見渡しても他に存在しないからである。昨日の試合を思い返しても、そもそも同じ競技をやっているように思えない。こちらがサッカーをやっているのに、相手はハンドボールをやっているような感じで、完全に小バカにされていた。実に悔しいことだが、清水と川崎の相性により、両者の対戦は必ずそのような構図になる。

 我々は、川崎に勝てるように努力するよりも、川崎のサッカーがなくなることを期待した方がいいと思う。川崎はチームとして優れているが、属人的要素も大きく、中村憲剛が引退したり、大島が移籍したりしたら、もうあのサッカーは続けられないと思う。川崎のサッカーがなくなるまで、我々は我慢だ。おそらく、そんなに遠い将来ではあるまい。我々は、自分たちのできるサッカーをやり、勝てる相手に勝てば、それでいいと思う。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村