アウェー鹿島戦、何とも評価しがたい試合だった。清水の側は、安定感はあったし、戦う姿勢も見て取れた。運が良ければ勝てたかもしれないし、スコアレスドローの勝ち点1くらいには充分に値した。何度かあった低い位置での致命的ミスと、セットプレーを除けば、失点しそうな気配はほぼなかった。

 失点しない試合運び、負けない試合運びはできていた。指揮官も、そんな空気を読んでか、積極的に点をとりにいくというよりは、最低限スコアレスドローで終わるという選手交代カードの切り方だった。だから、失点したワンプレーさえなければ、悪くない遠征だったのだが。

 悔しい負けではあっても、1ヵ月ほど前のような絶望的な気持ちにはならない。最後は事故のようなものだったと、逆の結果になってもおかしくなかったと、自分を慰めることはできる。ただ、メンバーも苦しくコンディションも悪かった鹿島相手に、自分たちで試合を動かすだけの力はなかったということは、認めなければならない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村