犬飼智也氏が、鹿島に移籍したしばらく後に、こんなコメントをしていた。鹿島に来て、練習から激しく、遠慮なくぶつかり合ったりするのを目の当たりにして、嬉しくなった。自分が求めていたのは、まさにこんな環境だった、と。まあちょっとうろ覚えだが、そのような趣旨のことを言っていた。

 それを読んで所長は、とても複雑な気持ちになった。練習の時から闘志を燃やして、激しくぶつかり合う、それによって自分を向上させる、そういうことを望んでいるのなら、清水でそれを実践すれば良かったのではないか。犬飼氏だって、年齢的には若い部類だったとはいえ、ユース出身だし、一応はディフェンスリーダー的な立場でもあったわけだから、「なれ合いの練習なんか駄目だ。トレーニングの段階から、もっと本気で取り組もう!」ということをチームに働きかけ、それによって清水を戦う集団に変える、そんな挑戦をしてほしかったと、所長は思うのである。結局、犬飼氏が選んだのは、自分が環境を変革するのではなく、環境が自分を変えてくれるはずだという、安直な選択だった。「高いレベルのクラブに行って、厳しい環境で揉まれ、いつかはその中で自分もレギュラーを」といった発想で移籍したのだろう。出場機会は欲していたと思うが、こんなにも早く鹿島のディフェンスラインを任される日が来ると想像していたかどうか・・・。

 生え抜きが環境に物足りなさを感じて清水を出ていっても、今の清水には頼もしい「外様」が存在する。テセや六反である。特に、六反の発言振りを聞くと、元々清水には甘さが目立ち、努力を冷笑するような空気があったが、自分が先頭に立ってそれを変えていってやるという、強い決意を感じる。ここ数年、テセがこのチームに注入し続けてきた魂については、いわずもがなだ。清水は戦う集団に変貌した、そんなことを証明する試合になってほしいものである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村