柏戦は、「シュート」について色々考えさせられる試合だった。

 テセはやはりヘディングシュートが上手い。たぶん、その能力はJの中でトップだと思う。浦和戦では興梠先生にヘディングシュート技術の高さを見せ付けられたが、テセだって良いクロスが来ればもっと決められるはずだ。今回テセが柏戦で決めたヘッドも、「こう打てば入る」というお手本のようなゴールだった。大きな声では言えないが、D君も見習ってほしいものである。

 最近、うちのクリス(ラン)は鳴かず飛ばずだが、土曜日の先方のクリス(ティアーノ)はエグかった。勝ったから言えることではあるが、あんなとんでもないシュートを目撃できるのはレアであり、ある意味良いものを見せていただいたという気がする。

 しかし、所長がそれと同時に思ったのは、「今年のボールは伸びるし曲がるので、ミドルはどんどん打った方がいい」ということである。今年Jで使っているボールは、ワールドカップ・ロシア大会で使われる「テルスター」というもので、シュートがありえないような軌道を描くということで、世界的にGKから不満の声が上がっているらしい。振り返ってみれば、仙台戦で金子が決めたスーパーミドルも、エコパで石毛が放った未遂弾も、テルスターだからこそ、という面もあったのだと思う。ここ数年の清水はミドルシュートによる得点の少ないチームだったが、今年のボールは、意識変革のチャンスかもしれない。

 ところで、シュートの話とは関係ないが、柏戦の試合運び、せっかく1点先制しながら、すぐに追い付かれたのは、いただけない。昨年も、点をとったすぐ後にとられるという悪い癖があったが、それが治っていない。柏のクリス弾で追い付かれた場面は、金子の判断ミスが発端だった。相手に攻め込まれ、奪い返したところで、ボールを繋ぐ中で、金子がスルーをして飯田に渡そうとし、それを相手にカットされ、バタついた中でクリスティアーノに決められたものだった。スルーのような、決まれば効果的だが失敗すればピンチに直結するプレーは、自陣ではすべきではない。増してや、とった後にすぐとられる悪い癖がある清水は、得点のあと少なくとも5分くらいはポゼション重視で試合を落ち着けることを心掛けるべきだ。得点する → スタジアムのテンションが異様に高まる → 選手もイケイケになる → そこで失って失点する という悪弊も、清水がアイスタで勝てない重大な要因であり、選手もサポも点をとった時こそ冷静になるべきである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村