それにしても、清水のサッカーは攻撃がミスで終わることが本当に多い。最終的にシュートを打って外れたとか、ギリギリのラストパスを送ろうとして惜しくも通らなかったとか、そういうのならいいんだけど、それに至るまでのもっと早い段階で、ミスで潰えてしまうことがあまりにも多い。期待感ゆえに実名を出せば、名古屋戦の松原などは、かなりフリーに近い状態でパスを受けても、トラップミスなどでそれをフイにしてしまうことが多かった。

 よく言われるように、「止めて蹴る」という基本技術が死活的に重要なのだろう。それに関して清水と一番対照的なのが、やはり川崎なのだと思う。あのチームを見ていると、とにかくトラップが正確である。それから、風間監督時代に植え付けられた、パスを出す時も細部にこだわるところが秀でている。清水の選手は、味方にパスを出す時に、何となく味方のいる方向に漠然と蹴ることが多いが、川崎の選手は味方の利き足とか動きの方向とか次のプレーとか、そういうことまで瞬時に判断して最善のコース・強さ・球種を選択しているのだと思う。だからこそ小気味良くパスが繋がっていく。

 名古屋戦での清水は、選手のオフザボールの動きに、ちょっとだけ改善がみられた。ボールを持っていない選手が、フリースペースや相手の裏に走り込む場面がいくつか見られた。しかし、ボール保持者がそれに気付いてパスを出すケースが、まだ圧倒的に少ない。想像するに、川崎の選手は止めて蹴る技術に自信があるので、足元を気にせずに広い範囲に視野を広げることができ、それゆえにピッチ全体を俯瞰的に見れていて、だから動いた選手を使えるのではないか。

 なお、そうは言っても、川崎でもパスがずれることはある。ただ、川崎がすごいのは、パスが少しくらいずれても、何事もなかったかのように、それをトラップの技術で収めてしまうことである。清水のように、パスを重ねるごとに誤差が拡大して行って結局相手に奪われるというのとは、対照的である。

 もう一つ、所長が前々から感じていたのは、「広島の選手は、皆、妙に姿勢が良い」ということである。皆さんも思い出してほしい。広島の選手って、胸を張って顔を上げて、ドリブルしているイメージがありませんか? たぶん、元々そういう選手を集めており、なおかつそういう指導もしているのだろう。その姿勢の良さが、やはり広い視野と的確なプレー選択、正確なプレーに繋がっているのではないかと、そう思うのである。

 むろん、川崎のサッカーを作った風間監督は、今は名古屋で苦労をしている。広島だって、昨シーズンのように、一つ歯車が狂えば、低迷することもある。いずれにしても、清水のサッカーにミスがあまりにも多いのには、それなりに原因があるということだろう。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村