浦和は日本最大規模のサッカークラブであり、普通に考えれば、そのチームにアウェーで1点差で敗れること自体は、破局的な出来事ではない。前半だけなら悲惨だったが、後半は1点とってある程度は敵を苦しめたので、まあこんなものかと納得することもできる。普通なら。

 問題は、昨年と同様に、ホームが鬼門と化していることに尽きる。ホームで勝てないチームが、アウェーでも勝てなければ、それは単に弱いチームであり、そのことが問われた試合だったからこそ、我々は浦和戦の結果に落胆したわけである。今季ここまでリーグ戦ではアウェー負けなしで来ていたので、その神話が密かにうちらの心の拠り所になっていたが、その神話が脆くも崩れてしまった。

 あと、残っているのは、「ルヴァンカップ・ホーム全勝神話」かな。本日はどうなることやら。あ、あと、クリスが点とったら勝つという神話もあるか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村