浦和戦、前半はクオリティの違いを見せ付けられたが、だからと言って、敵に山のように決定機を量産されたわけではなかった。むしろ、ここぞという場面で、興梠が見事に決めたと言った方がいいだろう。

 ただ、決める・決めないはFWの技量だとしても、やはりクロスが良くなければ、ヘディングシュートのお膳立てはできない。浦和と清水ではシステムが違ったので、単純な比較はできないものの、浦和のサイドプレーヤーが良いクロスを上げ、清水はそれができず、それが勝負の分かれ目になったことは否定できない。

 特に、左SBの松原はクロスの失敗が目立った。フリーに近い状態で2度ほど完全なキックミスに終わったのは、いただけなかった。確か、今シーズン開幕当初は、クロス成功数で松原がリーグ1位というような話を聞いた覚えがあるが、正直言ってここ数節は彼の良いプレーを思い出せない。右SBの立田も、この試合もクロス成功はおろか、単純なパスミスが多く、途中交代となった。まあ、2人とも若いから、という言い訳をしたくなるが、それを言うなら、興梠の2点目をアシストした橋岡大樹はもっと若い。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村