当S研では何度か指摘したことがあるが、一般的なイメージに反し、テセは実はあまりポストプレーが上手くない。上手くないというか、変なクセがついている。楔のパスを受けたときに、ワンタッチで簡単にはたいてしまう傾向がある。もちろん、それが味方に上手く繋がれば大チャンスになることもあるが、失敗して敵へのプレゼントパスになり、ピンチを招くケースも多々ある。せっかくテセに縦パスが通ったのに、本人がそれを無造作にワンタッチでバックパスし、それが相手への絶妙なスルーパスみたいになってしまうこともある。FWにボールが通ったら、前を向いて勝負するなり、ボールをキープして味方が攻め上がる時間を作ってほしいのに、なぜかテセはすぐにボールを放してしまい、しかもそのパスが無造作なので、そこで敵に奪われひっくり返されることがしばしば起こるのだ。

 水曜日の試合で(対戦相手を書くことさえムカつくので、単に「水曜日の試合」と呼ばせていただくが)、序盤清水がペースを握れなかった一因は、テセがそうした形でのミスを繰り返していたからだった。

 悪いプレーというのは伝染するのか、問題の失点シーンは、石毛の敵塩バックパスが発端だった。石毛に良い形でボールが入ったのに、なぜか本人は迷わずそれをワンタッチでバックパスし、それを相手に奪われたところから崩された。戻りながらのディフェンスが下手な清水にとっては、ビルドアップの途中でそういう変なミスが出ることが、一番危険である。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村