幻想から目が覚めたというか、何と言うか。唯一の成果は、自分たちの立ち位置がはっきり分かったという、ただそれだけの試合だった。相手のシンプルで縦に早い攻撃に対応できず、工夫も精度もない攻撃を繰り返し、珍しく多かったコーナーキックもまったく得点の匂いなし。敗戦はきわめてロジカルな結果だった。まあ、最初の3試合くらいが出来過ぎで、化けの皮が剥がれて、本来のポジションに戻ったと言えばそれまでである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村