スカパー!のルヴァンカップ清水VS札幌戦の解説は、戸田和幸氏だった。だから言うわけじゃないが、この日ボランチとして先発デビューを飾ったルーキーの西村恭史は、ちょっと戸田っぽい雰囲気があったね。面構えとか、ギラついた感じとかもそうだし、ボール奪取力、推進力、パスセンスなど、スケールの大きさを感じさせた。本人が言っているように、試合開始からしばらくはフワフワしてる感じでミスも目に付いたが、時間が経つにつれ落ち着きを取り戻すと、前半終了間際にあのシーンが訪れる。中盤で相手からボールをさらうと、迷わずドリブルで前に運び、バイタルでテセ&北川とのパス交換に絡んで、北川の起死回生ゴールを演出した。

 まあね、ボランチとしてはもうちょっと安全第一で行った方がいいのではないかと思った場面も何度かあったが、爪痕の大きさでは、今季ここまでデビューした新人たちの中で、一番インパクトが大きかったのではないか。こりゃ楽しみな逸材が現れた。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村