前半の最初の方は、前線からのプレスもはまり、敵はバタバタしていた。「点をとれるのは時間の問題」、「今日は夢スコアか?」なんて雰囲気がスタジアムに漂っていた。それが11分、相手が初めて繰り出した攻撃らしい攻撃で、あっさりと失点。にわかに、難しい試合になってしまった。

 横浜の戦術は、GKがまるでリベロのような高い位置をとって、GKとCB2枚を起点に繋いでいくというもの。清水としては、それを前からのプレスではめてショートカウンターで仕留めるというのが狙いになり、実際にそれを狙ったのは正しかったと思う。しかし、横浜は低い位置のビルドアップに人数をかけない分、実は前線に多くの人数を割いており、清水のフォアチェックをいったんかいくぐれば、ビッグチャンスに繋がる。実際、横浜は4トップくらいに見えることもあり、清水のディフェンスと数的に同数という、我が方にとってはきわめて危うい状況がしばしば生じていた。なるほど、横浜は伊達にリスクのある戦い方をしているのではなく、はまればあんな風にビッグチャンスを演出できるんだなということを、思い知らされた。

 リスクを背負って繋いでくる横浜相手に、前から圧力をかけて、奪い切って、決め切る。それを遂行できればよかったのだが、詰めが甘かったのと、変な奪われ方をして危険なカウンターを食らったことで、手痛い敗戦を喫した。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村