新スタジアム、清水駅前の開発問題も気になるが、もう一つ気になるのが、リニア建設をめぐるJRと静岡県・市の攻防である。

 こちらの記事などに見るように、県および市が問題視しているのは、トンネル開設に伴う大井川の水量への影響と、トンネル工事のための道路建設の費用負担である。

 しかし、これは所長の密かな期待なのだが、県・市はリニア建設問題を交渉材料に、新幹線のぞみの静岡県内停車を実現しようとしているのではないか? まあ、あくまでも所長の個人的な期待なのだが、もし仮にそうだとしたら、県・市ガンバレと応援したい。

 所長は関東在住で、日本平に駆けつける時は基本的に新幹線なので、その利便性は死活問題である。現状で静岡駅停車は1時間に1本ひかりがあるだけで、後は全部こだまなんて、こんな人をバカにした話はない。以前、静岡県がJRに「のぞみ通行税」を課税するなんて話も持ち上がったが、実際やったらいいんじゃないかと思うくらい、静岡はワリを食っている。

 実際にリニアが開通したら、その分、東海道新幹線のダイヤ編成が楽になって、のぞみの静岡駅停車が可能になる、なんて希望的観測もあるが、そんなのは早くても10年先だ。静岡の新幹線利便性向上に関しては、県と市の利害が食い違うはずもなく、少なくとも本件に関しては共闘してほしいし、県民・市民にも大いに声を上げてほしい。エスパルスのことを考えたって、のぞみが停まれば、関東からの観客増も望めるし、選手だって清水を選択しやすくなるはずだ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村