第4節のあと、しばらく空白があったから、他のチームの試合を結構観た。それで、気が早いようだけど、第5節で当たるマリノスについて。

 マリノスは、第4節で浦和とぶつかり、その試合を観てみたけど、今季はものすごく特徴的な戦い方をしている。まず、最終ラインがメチャクチャ高い。昨シーズンからの千葉も無茶なハイラインで、時々相手に裏をとられてお茶の間の笑いを誘っているが、それをさらに高くしたようなラインである。GK飯倉もペナ内に安住せず、高い位置に顔を出すので、GKのヒートマップがセンターサークルにかかっているとか(笑)、そういう破天荒なやり方である。

 浦和戦でも、何度もレッズ側に裏をとられそうになったり、あるいは飯倉のポジションを見て超ロングシュートを狙われたりと、危なっかしいことこの上なかったが、奇跡的にゼロに抑えた。いずれにしても、先方が好き好んで、危ない橋を渡ってくれているのだから、清水としては、それを突かない手はないよね。特に、今季の清水にとっては、裏取りというのが重要テーマなわけだから、前線からプレスをかけて相手の最終ラインのミスを誘うのと、裏への飛び出しというのは、積極的にやったらいいと思う。その意味でも、練習で4-1-4-1を試したとはいえ、マリノス戦では北川・クリスの2トップで行って、裏取り職人・北川の真価を発揮してほしいねえ。

 それと、こちらの記事などに見るとおり、今季のマリノスはサイドバック、特に左の山中亮輔の位置取りが独特である。守備の時には普通に左SBの位置にいるが、ビルドアップの時にはボランチみたいなところに進出し、アタッキングサードでは敵のバイタルエリアに突然現れ仕事をする。その形から、今季すでに得点も決めており、浦和戦では決勝点もアシストした。もう清水も充分に情報を掴み、分析・対策を進めていることとは思うが、何しろ日本ではほぼ見ないような特殊な戦術なので、ぬかりなく対応してほしい。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村