スタジアムで生観戦していると、清水の選手にばかり目が行きがちで、相手のチームのことはなかなか冷静に見れない。仙台戦も、DAZNの見逃し配信で改めて観てみると、「ほう、先方はこんな戦い方をしていたのか」ということに、遅れ馳せながら気付いたりする。いくらDAZNの編集クオリティが低くても、テレビ観戦にはそれなりのメリットもあるなと感じる。

 で、仙台戦を改めて画面で観て、痛感するのは、仙台側の野津田が本当に効いてたんだな、ということ。水を得た魚のようにプレーしている。レンタル選手なのに、生え抜きの10番みたいな存在に見える。改めて、小林清水は、何で彼を有効活用できなかったんだろうと、惜しまれる。最初は、「コバさんが、無理にボランチなんかやらせたから、いけなかったのかな?」なんて思ったが、今回の清水戦で野津田は後半途中からボランチに下がり、それによってさらに真価を発揮していた印象すらあり、ポジションの問題じゃあないな、と考え直した。

 逆に言うと、広島のレンタル・ポリシーというのは、なかなか不思議である。上手く使えばここまで働く野津田を新潟~清水~仙台と貸し出し続け、才能は折り紙付きの川辺を磐田に何年も貸し、どう考えても次世代の中心選手である茶島を現在千葉にレンタル中と、気前が良すぎである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村