結局、仙台戦でも交代カードを1枚余らせた。ここまでのリーグ戦4試合すべてで、ヨンソン監督は交代カードを使い切らずに終わっている。最初は、「そういう傾向の監督なのかな?」「先発イレブンで上手く行ってるから、代える必要がないのかな?」などと思っていた。しかし、仙台戦後半のあの苦しい試合展開、1点がほしい状況でも、1枚余らすということは、「そもそも、切るカードがないということなのだろうな」と、考え直した。

 ここまでのところ、後半の途中で北川からテセに代えるというのが、定番になっている。しかし、正直言って、その交代が奏功している印象はない。たぶん北川は、今シーズンは自分が中心になって点をとりまくるイメージを抱いていたと思うのだが、今のところ主役はクリスで、自分は前線からの守備に走り回って、疲れたところでテセに交代。ここまで1得点こそ挙げているものの、どうも本人は不完全燃焼の表情をしている。そして、交代出場するテセも、空回りしている印象が強く、仙台戦では明らかにブレーキにしかなってなかった。悪くない(というか望外な)リーグ戦開幕4試合だったが、個人的には、テセと北川がモヤモヤを抱えながらプレーしているように見えるのが、気がかりである。

 それで、仙台戦でも、テセを出すところまでは規定路線で、アクセントをつけられる楠神も投入したが、そこから先に切るカードがない。むろん、この日ベンチに控えていた滝も前途有望なアタッカーだが、滝にしても大悟にしても、リーグ戦の即戦力というにはまだ少々厳しい存在であろう。白崎の復帰を含め、もう少し攻撃陣の層が厚くならないと、交代カードを余らす試合が続いてしまうかもしれない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村