むかし「花の中三トリオ」というのがいたが(古いか、ゴメン)、今季開幕から躍動している清水の中盤、金子、河井、竹内は、さしずめ「花の新婚トリオ」だな。私生活の充実と、ピッチ上での活躍は、無関係ではないだろう。河井は新婚ホヤホヤ、金子の結婚は1年ほど前、竹内は1年ちょっと前だったかな? 「新婚」って、普通どのくらいまでを指すかは知らないけど、1年ちょっとだったらまだ新婚と呼んで差し支えないんじゃないかな。

 2017シーズンが開幕する時に、テセや角田は、「タケは結婚して、プレーがものすごく変わった」と言っていたっけ。

 金子と言えば、小型犬的なキャラクターだったけど、札幌戦後のインタビューを見たら、ずいぶん精悍な、大人の男という印象に変わっていた。家庭をもって、責任感が大きくなったのだろう。ピッチ上でも、プレー選択がものすごく素早く的確になったし、ゴール前での落ち着きも出てシュートの精度が高まった。

 それにしても、これまで河井のプレーの渋さに感心させられることなどはあったけれど、あんなゴラッソを決めて笑顔が弾けるなんてのは、従来の彼のイメージからは考えられなかった。新妻のあの明るさが、河井の精神状態をポジティブに変えてくれたのかもしれない。ちなみに、近年の清水はボランチの得点が少なく、昨シーズンは最終節の増田の得点1つだけだったと思うが(天皇杯では竹内の得点があったが)、今季は早くも第3節でボランチの得点が飛び出したというのも、大変結構なことである。

 石毛もそろそろ、結婚どう? 無敵の新婚中盤カルテットが出来上がるはずだ。「我こそは」と思う美人女性サポさん、立候補してみては?

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村