金曜日に3試合あり、そのうちセレッソVS札幌戦を観たんだけど、セレッソが2点先制しながら札幌が追い付き、セレッソが再び突き放したのだけれどまたも札幌が追い付くという壮絶な点の取り合いで、3:3のドローに終わった。ここまで、札幌は1分け・1敗で勝ち星こそないのだけれど、所長は一応札幌の試合を2試合とも観ていて、予想外にたくましい戦いで、ビックリしている。少々気が早いかもしれないけど、本日の神戸の次の対戦相手が札幌に他ならないので、こりゃ手強いぞという感じだ。

 札幌が、上手く行っていた四方田体制に終止符を打ち、ペトロビッチ氏を招聘したのは、間違いじゃないかと、個人的には思ってたんだよね。四方田監督のままだったら、今季も残留の可能性は高そうだけど、ペトロビッチはサッカー哲学が全然違うし、戦術を浸透させるには時間がかかるはずなので、選手たちが迷子になりかねず、こりゃ札幌さん、下手打ったか!?と思っていたのだ。

 ところが、どうも最初の2試合を観た限りでは、札幌の戦い振りに迷いがまったく見当たらない。逆に言うと、「これがミシャ・サッカー?」というような、既存のミシャ・サッカーのイメージを覆すような戦い方であり、昨年までの札幌のストロングポイントだったセットプレー、クロスからのヘディングシュートといった部分をさらに強化したような方向性である。ただ、そういうサッカーの主役であるはずの都倉はなぜかベンチでくすぶっており、今回のセレッソ戦では小兵チャナテップがヘディングシュートを決めたりして、なかなか奇怪だ。

 セレッソ戦終了後のインタビューで、進藤とかいうディフェンダーが、次節清水戦について話を振られ、「次はホームですし、うちが勝ちますけど」みたいなコメントをしており、ムカついた。すっかり、なめられてますな。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村