セレッソのユンジョンファン監督は、ボランチの山村を攻撃的MFまたはFWにコンバートして成功したけど、うちの小林監督は選手を後ろにコンバートするのが好きだったのかな(笑)。広島からシーズン途中にレンタル移籍してきた航平は、わりと攻撃的なイメージがあったのだけど、2017年のエスパルスではほぼサイドバックのプレーヤーとして使われた。

 そんなに派手な活躍をしたわけじゃなかったけど、広島でリーグ優勝を何度も経験しているだけあって、リーグ終盤には、彼の落ち着きがチームを助けた面が結構あったのではないかと思う。「とにかくボールが来たらクリア!」という清水の中にあって、胸トラップでボールを収めて味方に繋いだり、ちょっとしたフェイントで敵をかわしたりといった航平のプレーが、チームのリズムを取り戻すきっかけとなっていたように思う。一つだけ難を言うならば、身長がないので、最終ラインに入った時に、ヘディングの競り合いで負けることが何度かあったような。いずれにしても、よくまあ広島さんがこんな選手を貸してくれたものであり(しかも2017年にモロに残留を争うことになるエスパルス相手に)、2018年も引き続きうちでプレーしてくれるということで、頼もしく思う(ヨンソン監督との関係は知らん)。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村