2017年、清水に生じた誤算の中でも、シーズン序盤、竹内涼の怪我での出遅れも、かなり痛い出来事だった。開幕前には、テセや角田らが口を揃えて、「竹内、イイネ、代表もあるんじゃないの?」なんて称賛してたほどだったんだけと、怪我で開幕には間に合わず、ようやくベンチ入りしたのが4月30日の第9節ホーム仙台戦、初出場は5月5日の第10節アウェー・ガンバ戦にまでずれ込んだ。開幕戦で河井が大怪我したことに加え、竹内が出遅れたことで、真ん中にぽっかりと穴があき、野津田をボランチに回したりと、小林清水の迷走が始まったわけだしなあ。

 まあね、竹内は、戦列に復帰して以降は、コンスタントに出場を続け、チームにとってなくてはならない存在とはなったものの、何しろプレシーズンの前評判があまりに高かったものだから、どちらかというと期待外れの印象の方が強まってしまったかもしれない。竹内が加わって、多少、ボールの巡りは良くなったものの、彼のパスミスやボールロストで致命的な失点をした試合も結構あった。

 1年遅れでもいいから、テセや角田らが言っていた「竹内、代表あるかも」という期待に応えるような活躍を、2018年にしてほしい。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村