皆さん、もう忘れてるかもしれないけど、2017シーズンの開幕当初、CBの軸は間違いなく角田だったんだよね。2人のCBのチョイスは、「角田を誰と組み合わせるか」という構図だった気がする。また、2017年の開幕戦の時に、角田の新チャントが披露されたと思うのだが(所長はゴール裏の住人ではないので、違ったらゴメン)、サポも角田に相当大きな信頼と期待を寄せていたと思う。実際、開幕当初、角田は期待に違わない活躍をし、第3節まで清水は、失点は誤審によるわずか1つという守備の安定振りを示した。

 そして迎えた第4節で、兆発ポーズ事件が起きるわけである。角田は、次の第5節を出場自粛しただけでなく、その後スタメンを外れるようになった。表情からはすっかり生気が消え、何やら急に老け込んだような印象を受けた。角田が、ようやく本来の姿を取り戻したのは、シーズンも終盤に差し掛かってからだったように思う。そう考えると、第4節のホーム鹿島戦は、本当に悪い意味で、2017年の清水にとってターニングポイントになったことが分かる。あの試合を勝ち切れなかったことで、ホーム未勝利がずっと続くことになったし、角田がすっかり腑抜けのようになってしまったことで、守備の軸が失われ、J2で培った堅守の自信も揺らいでいったわけだから。

 まあ、終わったシーズンのことは、しょうがない。2018年、犬飼が抜けて、角田にはもう一働きしてもらう必要が高まった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村