2017シーズンの個人別反省会の続き。松原は、2017年は良く頑張ったし、一番成長したことも間違いない。愚行による退場と出場停止があったのはいただけなかったが、リーグ戦ほぼフル出場。捻挫気味でも、強行出場したこともあった。2017年の清水を最も苦しめたのが、怪我人の続出だったことだったことを考えれば、松原は試合に出続けたことだけでも大きな貢献であり、MVPに挙げるサポさんもいらっしゃることだろう。

 ただ、我々の評価や期待感は大きいものの、客観的に評価すれば、松原はまだ成長途上だろう。一部のサポさんは、松原の代表入りを推しており、所長もそうなればいいなあとは思うが、サムライブルーのユニに袖を通すためには、まだ追い越さなければならないライバルが5~7人くらいはいるだろう。確かに、アウェーの広島戦で、ミキッチにデュエルでほぼほぼ勝利した時などは、ずいぶんたくましくなったなあと感じた。アウェー新潟で勝利を決定付けた2点目、ホームのセレッソ戦で北川のスーパーシュートをアシストしたクロス、最終節の神戸戦で決定的な3点目をもたらしたフリーキックなど、勝利に直結する活躍も見せてくれた。ただ、閉塞感漂う清水にあって、松原の向こう見ずな攻め上がりが清水の推進力になっていたことは事実であるものの、シーズンが進み相手チームに研究・対策されるにつれ、いつしか松原の攻め上がった背後が清水の最大のウィークポイントになってしまったことも否定できない。

 とにかく、2017年は清水にとって忍従のシーズンだったので、松原の無鉄砲なドリブル突破くらいしか、サポが湧く場面がなかったといったところだろう。もしかしたら移籍もあるかなと心配していたが、今般契約更新をしてくれたようである。2018シーズン、松原には、積極的な攻め上がりの姿勢は保ちつつ、攻守のバランス、上がるタイミング、味方との連携などを磨いてもらって、清水の真のストロングポイントになってほしい。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村