気分転換に、ブログのデザイン変えてみたけど、どうでしょうか。

 さて、新潟戦、テセのコンディションは、予想していたよりもかなり悪かった。トップフォームを100%とすれば、新潟戦では30%くらいだったのではないか。責任感の強い彼が、ルーズボールを追いかけるのをあっさり諦める姿を見て、ぎりぎりの状態であることが良く分かった。前半の2得点は、テセはゴールもアシストも記録していないものの、1点目の潰れ役、2点目の金子の抜け出しをお膳立てしたワンツーと、テセがいなければ生まれなかったものであり、手負いの状態でなお存在感を発揮したのは立派である。しかし、足だけでなく、試合数日前には胸が苦しくなり病院で検査まで受けていたことを考えれば、当然テセの早めの途中交代を想定してゲームプランを練っておくべきだったろう。

 北川から鎌田への交代は、それ自体が?としか言いようのないものだったが、テセのところで交代カードを使う可能性が高いことを考えれば、まだ余力のあるように見えた北川をあそこで下げる道理はなかったように思える。また、小林監督の選手交代術の特徴として、FW → FW というシンプルなチェンジではなく、選手を替えながらポジションも動かすという点があるが、これまでその方式が奏功した印象は乏しい。新潟戦、選手交代でまず打つべき手は、テセから長谷川への交代で、前線に運動量を回復させ、収まりどころを再構築する点だったのではないか。

 ちなみに、当S研では何度か指摘したことがあるが、テセは所長も最大限に尊敬する偉大なストライカーながら、一般的なイメージに反し、実はポストプレーがあまり上手くない。ワンタッチで雑にさばいてしまい、ボールを失うことが意外に多い。特に、新潟戦の後半のように、押し込まれた状況では、テセがキープして味方が休んだり攻め上がったりする時間を作ってほしいのに、テセは無造作にはたこうとしがちなので、すぐに敵にボールが渡ってしまう。昨年からの清水が、いったん押し込まれるとそれがエンドレスに続いてしまうのは、実はテセの「クセ」にも一因がある。DAZNが試合途中に出したデータによれば、新潟戦のテセは、パス成功率が50%を下回っていた。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村