ありきたりなことしか言えないけど、新潟戦のポイント、まあ、サイドの攻防だろうな。特に清水の左、新潟の右。新潟はそのサイドを快足のホニが務めることが多く、やつに裏に抜けられるとまずいことになる。そのあたりを警戒して松原が守備的にプレーするのか、それとも松原が積極的に攻め上がってむしろホニを守備に回らせるのか、それが焦点だろう。一説によると白崎欠場で左サイドハーフを任せられるという金子のサポートも鍵になる。

 今季、清水が唯一、リアクションではなく、主導権をとって勝った試合が、アウェーの新潟戦だった。また、振り返ってみれば、今季清水が流れの中で狙い通りの自分たちの形で綺麗に得点を決めたのは、その新潟戦のテセのゴールだけと言っていい気がする。長らく得点からご無沙汰しているが、清水が最後に得点をとったのが、広島戦のテセのヘディングシュートだった。サイドから、テセの頭。その原点に返ることが、得点への、そして勝ち点への近道なのではないか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村