録りためた番組で、何か面白いものがないかなと、DVDレコーダーの録画リストを過去に遡って見ていったら、昨年のJ2最終節の徳島戦の録画が目に留まったので(というか、昨シーズンの試合は全部保存してあるのだが)、つい観てしまった。

 言うまでもないことだけど、昨シーズン終盤の清水、やっぱり強かった。今の清水が、1年前の清水とやったら、確実に負ける。それにつけても、もどかしいのは、去年蓄えた力や、勢いを、そのまま今季のJ1にぶつけられなかったことである。昨年、J2を2位で駆け抜けた、その力を、そのままぶつけて、それでもJ1で通用しなかったというのなら、諦めもつく。しかし、最近の戦いを、1年前のそれと比較してみると、明らかに昨年よりも大幅に劣化しているのである。対戦相手のレベルが違うというのもあるが、完全に自分たち自身が、去年できたはずのことが、まるでできなくなってしまっているように感じる。

 残り2試合で、勝ち点3とればほぼ確実だろうし、勝ち点2とか1だけでも非常に大きい。カテゴリーが違うとはいえ、昨年終盤の「勝ち続けるしかない」という切羽詰った状況に比べれば、難易度は低いはずなのに、まるでそれがミッション・インポッシブルのように思えてしまう。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村